ここから本文です

ココム違反事件で引責辞任、元東芝社長が死去

読売新聞 4/17(月) 18:41配信

 元東芝社長の渡里杉一郎(わたり・すぎいちろう)氏が12日、心不全で死去。

 92歳。告別式は近親者で済ませた。喪主は長男、直広(なおひろ)氏。

 東芝の社長だった1987年、当時子会社の東芝機械がソ連向け不正輸出事件で対共産圏輸出統制委員会(ココム)違反に問われたことで、引責辞任した。97~2005年に日中経済協会の会長を務めた。

最終更新:4/20(木) 1:30

読売新聞