ここから本文です

日本人像の首切断、元台北市議出頭…犯行認める

読売新聞 4/17(月) 21:30配信

 台湾南部・台南市の烏山頭(うざんとう)ダムで、日本統治時代に同ダムを建設した日本人土木技師、八田与一の銅像の首が切断されているのが見つかり、元台北市議の男が17日、警察に出頭した。

 男はフェイスブックで自らの犯行を認めている。1930年完成の同ダムは、不毛地帯だった南部の嘉南平野を台湾最大の穀倉地帯にしたとして、八田の功績は台湾の教科書でも紹介された。銅像の切断は16日に見つかった。(台北支局 向井ゆう子)

最終更新:4/18(火) 10:27

読売新聞