ここから本文です

30年の熱戦振り返る 全日本大学女子野球 魚津市実行委が記念誌

北日本新聞 4/17(月) 21:51配信

 毎年8月に魚津市の桃山、天神山の両球場で開かれる全日本大学女子野球選手権の同市実行委員会は、昨年で30周年を迎えた大会の歴史を振り返る記念誌「30年のあゆみ」を発行した。600部を作り、関係者や各大学などに贈る。

 大会は1987年に始まり、これまで全国の58チームが参加。30周年記念事業の一環で昨年の大会後から記念誌の編集を始め、今月完成した。A4判98ページで、大会の全記録や多くの写真を掲載した。

 目玉は、昨年出場したチームの選手や監督、卒業生らが大会への思いを寄稿したコーナー。各チームの試合に対する熱意や思い出が記されている。実行委員は「今後もさらに大会が発展すればいい」と話した。

 ことしは両球場で8月25日から行われる。

北日本新聞社

最終更新:4/17(月) 21:51

北日本新聞