ここから本文です

勝者ベッテル「夢のようなマシンで、メルセデスを混乱させることに成功した」フェラーリ F1バーレーン日曜

4/17(月) 15:05配信

オートスポーツweb

 2017年F1バーレーンGP決勝で、フェラーリのセバスチャン・ベッテルは優勝を飾った。

バーレーンGP決勝表彰台に立ったベッテル、ハミルトン、ボッタス

■スクーデリア・フェラーリ
セバスチャン・ベッテル 決勝=1位
 チーム全員のおかげで最高の結果を出すことができた。スタートで2位に上がることが重要だと思っていた。なんとかうまくやれたね。戦略に関してもすべて正しく実行することができたと思う。早い段階でピットに入るという戦略がうまく効果を発揮したんだ。

 終盤はルイス(・ハミルトン)とのギャップを維持することに集中した。彼が追い上げてくることは予想していたんだ。僕の前には何台も周回遅れになるマシンがいたから心配だった。でも最終的にはうまくいったね。

 今日のマシンの乗り心地は夢のようだった。序盤の段階から、今日は勝てる速さがあると感じた。昨日からすでにいい感触を持っていたけれど、それが本物だと今日、確認できたんだ。

 ピットに戻ってくる時のあの1周は最高だったよ。花火が打ち上がって、その素晴らしい雰囲気をじっくり味わって走った。今夜のところは今の瞬間をエンジョイするけれど、明日になればまた仕事に戻る。僕の考えは変わっていない。ワールドチャンピオンになるには、まずメルセデスを倒す必要がある。1戦1戦やっていこう。

(メルセデス勢との戦いについて語り)まずは彼らの間に割って入ることが重要だった。2台がトップに立って、どんどん前に行ってしまい、レースをコントロールするような状況を阻止するためだ。そうさせないために、2台の間に入って混乱させたかった。

 僕らのスタートはほぼ似たような出来だったけど、ルイスがバルテリ(・ボッタス)に引っ掛かるような感じになったから、僕はブレーキングでリスクを冒して(ターン1のアウトから追い抜きを)やってのけた。
 
 最初のスティントではバルテリのすぐ後ろを走り、離されずについていった。最終スティントではしっかりしたギャップを築いていたし、ルイスのペナルティによるマージンもあった。 

[オートスポーツweb ]