ここから本文です

リカルド「レース序盤はメルセデスに勝てると本気で思っていた」:レッドブル F1バーレーンGP日曜

4/17(月) 11:57配信

オートスポーツweb

 2017年F1バーレーンGP決勝で、レッドブル・レーシングのダニエル・リカルドは5位だった。

2017年第3戦バーレーン マックス・フェルスタッペン(レッドブル)はリタイアに終わる

■レッドブル・レーシング
ダニエル・リカルド 決勝=5位
 今日は前半と後半、違うレースのようだった。序盤は優勝するチャンスがあると本気で思っていた。ファーストスティントはかなり好調で、バルテリ(・ボッタス)が苦労しているのが分かった。僕は先頭集団の後ろを走り、僕以外の前を走る全員の様子が分かった。皆、スライドしていて、僕より苦しんでいるようだった。だからタイヤをうまく管理しながら楽についていけたんだ。その時には、「今日はいけるぞ。単に表彰台じゃない、優勝も狙える」と思っていた。

 セーフティカーのタイミングがよくて、3位に上がった。ところがその時の(ソフト)タイヤではあまり調子がよくなくて、大きく遅れてしまった。混乱が落ち着いて、ペースが戻っても、フロントもリヤもグリップがなくて苦しんだ。今日はその(ソフト)タイヤをうまく機能させることがどうしてもできなかった。   

[オートスポーツweb ]