ここから本文です

中嶋一貴、ポルシェとの戦いは「不測の事態が度々起こり、予想以上に困難だった」

4/17(月) 16:24配信

オートスポーツweb

 2017年WEC世界耐久選手権第1戦シルバーストンは4月16日、6時間の決勝レースが行われ、予選2番手からスタートしたTOYOTA GAZOO Racing(TGR)の8号車トヨタTS050ハイブリッド(セバスチャン・ブエミ/中嶋一貴/アンソニー・デビッドソン)がライバル、ポルシェとの接戦を制し開幕戦を勝利で飾った。

【画像】クラッシュを喫した7号車トヨタTS050ハイブリッド

 複数のストレートと高速コーナーが続くシルバーストンのサーキット特性に合わせてハイダウンフォース仕様のマシンを開幕戦に持ち込んだトヨタ。土曜に行われた予選ではこの選択が功を奏し、7号車と8号車がフロントロウを独占した。

 迎えた決勝日、現地時間12時に6時間におよぶ決勝レースの火蓋が切られると、2台のトヨタTS050はワン・ツー体制を維持しながら快調に周回を重ねていく。

 しかし、順調にトップを走る7号車を突如トラブルが襲った。マイク・コンウェイ
のドライブ中にリヤのサスペンションに不具合を抱えた7号車は、ステアリングのフィーリングが損なわれてしまう。

 このトラブルにより、コンウェイからステアリングを受け継いだ小林可夢偉も思うようにペースを上げることができず、コースを外れる場面もみられた。7号車はライバルのポルシェ2台に先行を許し、4番手へ後退。優勝争いから脱落し、完走を目指す走行に徹することとなった。

 ところが、レースの折り返しを過ぎ、可夢偉から新加入のホセ-マリア・ロペスにドライバー交代をした直後、ロペスのマシンが挙動を乱してコースアウト。そのままグラベルを横切り、タイヤバリアに激しく激突してしまう。

 7号車は衝撃でマシンフロントが大破してしまったが、ロペスがピットまでマシンを運ぶとチームスタッフの懸命な修復作業により、1時間余りでコースに復帰。トップから38周遅れながらクラス5位/総合23位で完走を果たし、ポイントを獲得している。

 なお、クラッシュを喫したロペスはサーキットのメディカルセンターで診察を受けた後、精密検査のために地元の総合病院に運ばれたが、幸い身体に異常は認められなかった。

■逆転に次ぐ逆転の接戦を展開

 僚友7号車の離脱により孤軍奮闘することとなった8号車は序盤、天候の悪化にすばやく反応し、スリックタイヤからインターミディエイトタイヤに交換したポルシェ2号車に一時先行を許す。

 その後、天候が回復するとライバルのポルシェは、タイヤをスリックに戻すため、ふたたびピットイン。トヨタ8号車はこの間にトップを取り戻すことに成功した。

 ところが、前述の7号車のクラッシュの事後処理のためにセーフティーカーが導入されたことで、8号車が2番手のポルシェ2号車との間に築いたギャップが大幅に縮められてしまう。

 チェッカーまで残り2時間というタイミングでレースが再開されると、8号車とライバルの2号車は激しいトップ争いを展開していく。一貴が駆る8号車は残り45分となった時点で最後のピットへ向かい、給油とタイヤ交換を行う。さらにドライバーをブエミに交代した。

 レース残り30分となり、先行するポルシェ2号車が最後のピット作業へ。こちらは給油のみのスプラッシュ&ゴーを敢行し、終盤での逆転に成功する。この時点で両者の差は8秒だったが、フレッシュタイヤを履くブエミがここから猛追をみせた。

 ハイペースで周回し、瞬く間にギャップを詰めたブエミは15分余りでポルシェの背後につけると、残り12分でライバルをかわして再逆転に成功。そのままトップでチェッカーを受けた。

■「第2戦スパに向けて改良を行う」

 2017年シーズン開幕戦を制したことについて、佐藤俊男TGR代表は次のように語った。

「まずは、検査のために病院に行ったロペス選手が無事という一報を受け、ほっとしています」

「ライバルのポルシェは、さすがに手強い相手でした。チームは最後のチェッカーフラッグを受けるまで全力で戦いました」

「2台揃って表彰台に上がることは叶わなかったものの、レースで見せたチームの的確な判断力と闘争心、さらににダメージを負った8号車を短時間で修復したメカニックの頑張りを誇りに思います」

「週末を通してみせたハイダウンフォース仕様の戦闘力には満足していますが、次戦スパ・フランコルシャン6時間に向けてさらなる改良を行なっていきます」

 最終盤にサーキットを沸かせたブエミは「エキセントリックだった」とポルシェとのバトルを振り返る。

「久々に優勝することができ、とても幸せだよ!」

「僕たちのマシンはつねに速く、ステアリングを握った最後のスティントは、新しいタイヤで、ライバルに対して優位な状況だったんだ」

「ポルシェを抜くチャンスはあの時しかないと思った。実際に上手くいって良かったよ」

 また、チームメイトの一貴は「アンソニー(・デビッドソン)、セバスチャン
・ブエミ)の3人で勝ち取ったこの勝利を本当に嬉しく思います」と語った。

「2015年に彼らとトリオを組んでから初めての優勝なので、なおさらですね。やっと勝てたという気分です」

「決勝は降雨やセーフティカーの導入など不測の事態が度々起こり、予想以上に困難なものになりました」

「マシンのスピードに満足していましたがポルシェのペースも良く、厳しい戦いを強いられました。終盤、僕たちはセバスチャンを信じていましたが、最後は本当にエキサイティングでしたね」

■可夢偉「パフォーマンスはみせられた」

 一方、トラブルとアクシデントに見舞われた7号車の可夢偉は次のようにコメントしている。

「優勝した8号車のクルー全員を祝福します。僕たちは予選でポールポジションを獲得し、決勝の序盤もレースをリードするなど、いいスタートを切りました」

「しかし、マイク(・コンウェイ)のスティント終盤にサスペンションにトラブルが発生し、僕のスティントでもマシンの挙動がおかしくなってしまいました」

「いい結果が狙えたはずだけに、とても残念です。ただ、パフォーマンスをみせることができたので、次のスパで挽回します!」

 開幕戦を終えたチームは、すでにル・マン24時間の前哨戦ともいえるWEC第2戦スパ・フランコルシャン6時間への準備を整えている。

 5月4~6日に行われるスパ戦では、TGRとして初めて3台体制で臨むことになり、ステファン・サラザン、国本雄資、ニコラス・ラピエールの3名が9号車TS050ハイブリッドで出場する。

[オートスポーツweb ]