ここから本文です

首位チェルシーを撃破したマンUのモウリーニョ「試合を完璧にコントロールした」

SOCCER KING 4/17(月) 12:15配信

 マンチェスター・Uのジョゼ・モウリーニョ監督は首位チェルシーに勝利し、勝ち点3を獲得したことを喜んだ。イギリスメディア『BBC』が17日付で報じている。

 17日に行われたプレミアリーグ第33節、チェルシーをホームに迎えたマンチェスター・Uが、2-0で完封勝利を収めた。この結果を受け、現在首位のチェルシーは勝ち点が変わらず「75」。一方、今節ボーンマスに4-0の大差をつけて勝利した現在2位のトッテナムは勝ち点「71」。両チームは勝ち点4差に縮まった。今節の結果によって、プレミアリーグのタイトル争いはますます混戦を極めている。

 モウリーニョ監督は『BBC』の人気テレビ番組『マッチ・オブ・ザ・デイ』の中で「チェルシーを倒したから喜ぶのではない、(プレミアリーグの)リーダーを倒したから幸せなんだ。チェルシーだろうが、他のチームだろうが関係ない。勝ち点3を得たときはいつでも嬉しいものだよ。この試合の勝利に対して疑問に思う人はいないだろう」と満足げに語った。

 また同国メディア『スカイスポーツ』に対して、指揮官は「私たちは、戦術的にとてもよくプレーし、選手たちは素晴らしい仕事をやってのけた。チェルシーはとてもよく組織されていて、素早く、そしてクリエイティブだった。しかし私たちは完璧に試合をコントロールした」と、自分たちの戦術がチェルシーを上回ったことを主張した。

 マンチェスター・Uは、23日にアウェイで14位のバーンリーと対戦する。
 

SOCCER KING

最終更新:4/17(月) 12:15

SOCCER KING

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合