ここから本文です

モウリーニョが完勝宣言?「まさに完璧」「戦術が上手くはまった」

4/17(月) 9:43配信

ゲキサカ

[4.16 プレミアリーグ第33節 マンチェスター・U 2-0 チェルシー]

 プレミアリーグ第33節が16日に行われた。オールド・トラッフォードではマンチェスター・ユナイテッドがチェルシーに2-0で勝利した。ユナイテッドは消化試合数が1試合多い4位のマンチェスター・シティと勝ち点4差の5位につけている。

 重要な一戦で完封勝利を収め、勝ち点3を上乗せたユナイテッド。試合後、古巣相手に勝利を飾ったジョゼ・モウリーニョ監督は「戦術がとてもうまくハマった。選手たちも本当にすばらしい仕事をしてくれたよ」と満足げに語った。『スカイ』が伝えている。

「ファンタスティックな選手を揃えた相手に対し、私たちは完璧に試合をコントロールできた。まさに完璧だったよ。本当に嬉しく思う」

 この日の戦術について語った指揮官は「アウェーで戦ったカップ戦のときと同じ戦術を用いたんだ」と明かし、「きちんと11人でプレーしていたときは完璧に試合を支配できていた。審判の決定のせいで、後半戦はずっと10人でプレーしなければならなくなったけどね。また、前半の最初の10分もチェルシーにチャンスを与えてしまった」と振り返る。

「チェルシーを相手にこのようなやり方で戦うことはとてもむずかしいとは私たちもわかっていた。個人的な観点からいえば、FA杯の準決勝に向けて大きな自信になったことがもっとも嬉しいことだね」

 また指揮官は『MUTV』のインタビューでは「相手チームはあらゆることに苦戦していた」とチェルシーの戦いぶりに言及。「守備的にも問題を起こしていたし、こちらのマーカス(ラッシュフォード)や他の選手たちを止めるのにも苦労していた」と分析した。

「今日のパフォーマンスは本当に本当に良かった。下位に差をつけている首位のチームが私たちのパフォーマンスに対処できなかったというのは、本当に嬉しいことだよ」

最終更新:4/17(月) 12:32
ゲキサカ

Yahoo!ニュースからのお知らせ