ここから本文です

中日大島と巨人坂本がトップ、鳥谷6位後退/セ打率

日刊スポーツ 4/17(月) 11:46配信

 3月31日に開幕したプロ野球は半月が経過。16日終了時点で、セ・リーグの打率トップは中日大島洋平外野手と巨人坂本勇人内野手。前週までトップだった阪神鳥谷敬内野手は4割6分7厘から3割5分4厘まで下げ6位に後退した。

【写真】ワースト打率は…

 健闘しているのはヤクルト中村悠平捕手。前週11位から8位に入った。捕手で規定打席に到達しているのは12球団で6人いるが2割5分以上打っているのは中村だけ。

 セ・リーグの打率ベスト10は以下の通り。

1 大島(中日).375↑

1 坂本勇(巨人).375↑

3 丸(広島).368↑

4 エルドレッド(広島).364→

5 阿部(巨人).358↑

6 鳥谷(阪神).354↓

7 梶谷(DeNA).347↑

8 中村(ヤクルト).341↑

9 鈴木(広島).338↑

10 ロペス(DeNA).322↑

※矢印は前週(10日)からの順位の変動

最終更新:4/17(月) 12:49

日刊スポーツ