ここから本文です

梨花「本当に幸せ」自身携わるショップ名古屋に開店

日刊スポーツ 4/17(月) 13:42配信

 モデルの梨花(43)が17日、名古屋駅に開業した「タカシマヤ ゲートタワーモール」に出店する自身がプロデュースするライフスタイルショップ「メゾン・ド・リーファー」のオープニングセレモニーに登場した。2012年に開店した東京・代官山店に続いて2店舗目で、「3年前から準備してきました。今日という日が迎えられてうれしく思います」と、あいさつした。

【写真】スタイル親善大使に就任した梨花

 この日は、開店前から660人が行列をつくり、一時は入店まで4時間以上待ちの行列もできた。行列の先頭は、昨日の午後11時から並んだという。また、台湾から訪れたファンもいた。

 店内は、洋服やシューズ、リネン、ルームウエアなどカテゴリーで分けた販売スペースとなっており、カフェ「グルグル リーファー」も併設されている。梨花は店舗のこだわりのポイントとして「リネン、靴、バッグの部屋をつくり、1つの店の中にたくさんのコンセプトの店のようにしました。アミューズメントのように、楽しめるお店です」と胸を張った。

 5年前、出産とほぼ同時に開業した梨花は「この5年間を振り返ると、いろいろな経験をしました。良いことだけじゃないけど、『ありがとう』と心の底から思えるようになったし、本当に幸せだという気持ちです」と、しみじみと語った。

最終更新:4/17(月) 14:54

日刊スポーツ