ここから本文です

井上尚弥V5へ弟拓真らと短期合宿 体幹中心に強化

日刊スポーツ 4/17(月) 19:24配信

 プロボクシングのWBO世界スーパーフライ級王者井上尚弥(24)が17日、弟で前東洋太平洋同級王者拓真(21)、いとこの日本スーパーライト級8位浩樹(24=いずれも大橋)と静岡・熱海で合宿に突入した。

【写真】ボールを使ったトレーニングに励む井上尚弥ら3人。左から拓真、浩樹、尚弥

 同級2位リカルド・ロドリゲス(米国)とのV5戦(5月21日、有明コロシアム)へ向けた20日までの短期合宿で、「ケガをしないように、強化していきたい」と、体幹を中心に鍛え上げる。

 この日はあいにくの雨で、予定された砂浜から室内での調整に変更を余儀なくされたが、時折顔をしかめながらも、約2時間体を痛め抜いた。チューブ、綱などの多様なメニューに、「普段は週3回ですが、連チャンでやることで強化につながる。午前午後と詰めてやります」と説明。「合宿終わってちょうど1カ月前。いつもそのくらいから体重調整も始まるので問題ないです」と続けた。

最終更新:4/17(月) 19:30

日刊スポーツ