ここから本文です

ゆず、デビュー20周年「句読点で言えば丸のよう」

日刊スポーツ 4/17(月) 19:50配信

 ゆずの北川悠仁(40)岩沢厚治(40)が17日、スカパー東京メディアセンターで取材会に出席した。

【写真】紅白リハで「見上げてごらん夜の星を」を熱唱するゆずの2人

 今年デビュー20周年を迎える。26日に20周年記念ベストアルバム「ゆずイロハ1997-2017」を発売する。5月3日のナゴヤドーム公演を皮切りに全国ドームツアーも行う。

 20周年について北川は「これまでも10周年、15周年と節目はありましたが、句読点で言えば点のようなもので、今回は丸のような感じです。自分たちがやってきたことを振り返って見られるように思います」。

 岩沢は「もう20年かという思いもありますが、反面いろいろあったなという思いもあります。デビューしたのが20歳でしたから、人生の半分以上はゆずなんだと思うと感慨深いです」と話した。

 ベストアルバムは、これまで発表された255曲から選んだ50曲を3枚に収録。各ディスクの最後では「いきものがかり」「back number」「SEKAI NO OWARI」とコラボレーションしたスペシャルトラックを楽しめる。北川は「20周年記念ベストということでまずはタイトルを決めました。イロハなので、ゆずの手引書的になればいいなと思っています。『夏色』『栄光の架橋』しか知らないような人たちでも、ゆずってこんなバンドなんだと分かってもらえるようなベストアルバムだと思います」と話した。

 また5月から始まるドームツアーについては「ファンがドームでも意外と近いねと感じてもらえるようなツアーになればと思ってリハーサル中です」。岩沢は「本来は野球をする所ですから」と笑った後、「ファンと一緒に楽しめるお祭りの場所ですね」と話した。ツアーファイナルとなる6月4日の福岡ヤフオクドーム公演はBSスカパー!が生中継する。岩沢は「中継が入るとミュージシャンは本気になりますから。ゆずの本気な一面も楽しんでください」とアピールした。

最終更新:4/17(月) 20:27

日刊スポーツ