ここから本文です

【個別銘柄】新作順調グリーが大幅高、東宝は急反発、クリレスH下落

Bloomberg 4/17(月) 11:40配信

17日の日本株市場で、株価変動材料のあった銘柄の終値は次の通り。

グリー(3632):前週末比9.6%高の844円。調査会社アップアーニーによると、17日午前10時5分現在のiOSアプリ国内ランキングで、新作ゲーム「アナザーエデン 時空を超える猫」のダウンロード数がゲームカテゴリーで1位維持、全体でも4位。業績への好影響波及を期待する買いが優勢となった。同ゲームは12日午前に配信を開始した。

東宝(9602):5.6%高の3200円。14日に発表した2018年2月期営業利益計画は前期比19%減の409億円。野村証券では同証事前予想の400億円を上回ったと指摘した。今期は前期のヒット作の大きな反動減が予想され慎重なガイダンスが想定されたが、当初の中計目標(350億円)を上回る計画は驚きと評価。収益力が着実に向上していることを示唆するとの見方を示した。

クリエイト・レストランツ・ホールディングス(3387):4.9%安の902円。14日発表の17年2月期営業利益は前の期比13%減の58億5700万円だった。会社計画69億円や市場予想69億4300万円を下回った。ドイツ証券では、各カテゴリーがそれぞれ少しずつ期待に届かなかった格好だが、特に高単価業態の回復が遅れているもようで、既存店対策が急務と指摘した。会社側の18年2月期営業利益計画は前期比7.6%増の63億円と市場予想79億6800万円を下回った。

ドトール・日レスホールディングス(3087):5.4%高の2291円。18年2月期営業利益計画は前期比4.8%増の110億円と14日に発表した。市場予想は112億円だった。三菱UFJモルガン・スタンレー証券は、外食産業の厳しい事業環境下で、原材料の安定調達やコストコントロールなどで安定的に増益することができる同社業績には安心感があると評価した。

DOWAホールディングス(5714):4%高の798円。17年3月期営業利益は340億円と従来計画290億円を17%上回ったもようと14日に発表。市場予想は311億円だった。野村証券は、電子材料事業が想定を上回るなど、市況要因以外も予想以上に良い内容で株価にポジティブ、と指摘した。

1/3ページ

最終更新:4/17(月) 15:26

Bloomberg