ここから本文です

クリンスマンはMLSと衝突していた…元アメリカ代表コーチのヘルツォークが明かす

GOAL 4/18(火) 9:39配信

2011年からアメリカ代表の監督を務めたユルゲン・クリンスマンは、ロシア・ワールドカップの北中米カリブ海地区予選で苦戦したことにより、2016年11月に代表の指揮官を解任された。

オーストリア出身で現役時代には“アルプスのマラドーナ”の異名を取ったことでも知られ、クリンスマンの右腕としてアメリカ代表のアシスタントコーチを経験したアンドレアス・ヘルツォークが、クリンスマンとMLSの関係が良好ではなかったとアメリカ大手メディア『ESPN』に対して語っている。

「アメリカのリーグであるMLSは、近年目に見えてレベルが上がっているし、盛況していると思う。ただ、ユルゲンがMLSをサポートしようと発言したところ、リーグ側から反発された。クリンスマンは(MLSコミッショナーの)ドン・ガーバーとうまくいってなかったんだ」

ヘルツォークによると、クリンスマンは代表とMLSの相乗効果を狙ってMLS発展のための進言をしていた。しかし、MLSの幹部からの反対もあり、事態は好転しなかったようだ。

その一方で、アメリカ代表のアシスタントコーチを務めたことについてヘルツォークは「率直に言って楽しかったよ。5年にわたってアメリカで素晴らしい経験ができた。彼らは僕たちを更迭したけど、僕らは誰に対しても怒っていないよ。新しい挑戦と素晴らしい経験ができたんだ。感謝の気持ちしかない」と語り、アメリカ代表での指導経験がポジティブなものだったと回顧した。

また、ヘルツォークは「ユルゲンはアメリカでも実績を残した。今後はプレミアリーグのクラブか、他の代表チームを率いるんじゃないかな」とクリンスマンの今後の道について予想している。

GOAL

最終更新:4/18(火) 9:39

GOAL