ここから本文です

<難病血管炎>白血球暴走抑える物質発見 阪大、治療に道

毎日新聞 4/18(火) 0:04配信

 大阪大の西出真之助教(免疫内科学)らの研究グループが、毛細血管に炎症が起きる難病「ANCA関連血管炎(AAV)」の原因となる、白血球の異常な働きを抑えるたんぱく質を発見した。新たな治療法の開発につながる可能性がある。研究成果は18日、欧州リウマチ学会誌(電子版)に掲載された。

 AAVは、細菌などの外敵を退治する白血球の一種「好中球」が異常に活性化し、誤って自分自身の正常な血管の細胞を攻撃することで起きる。国内に約1万人の患者がいるとされ、重症化すると臓器障害などで死亡することもある。免疫抑制剤による治療が主流だが、副作用が大きいことが課題だ。

 西出助教らはマウスを使った実験で、好中球の表面で活動するたんぱく質「セマフォリン4D」が、血管の表面にある別のたんぱく質と結合し、好中球の暴走にブレーキをかけるシグナルを送っていることを確認した。

 一方、AAV患者の血液を調べると、好中球の表面のセマフォリン4Dが減少し、攻撃のブレーキが働きにくくなっていた。研究グループは、酵素によって好中球から切り離され、血管細胞への攻撃のブレーキ役を果たせなくなったとみている。西出助教らは、セマフォリン4Dの切断を防ぐなどの治療法の開発を進める。【池田知広】

最終更新:4/18(火) 0:35

毎日新聞