ここから本文です

NSHC社との協業で、CPEクレジット付与対象のセキュリティプログラムを開始(NHNテコラス)

ScanNetSecurity 4/18(火) 8:00配信

NHNテコラス株式会社は4月17日、韓国・シンガポールを拠点に情報セキュリティ分野の教育事業を展開するNSHC Pte. Ltd.(NSHC)と業務提携し、新たに情報セキュリティ人材育成サービスの提供を開始すると発表した。NHNテコラスは、NSHC社が保有する情報セキュリティトレーニングプログラムを「TECHORUS SECURITY ACADEMY(テコラスセキュリティ・アカデミー)」として日本国内で展開、6月より同サービスの提供を開始する。

NHNテコラスでは、同サービスで「【上級】Web ペネトレーショントレーニング」「【上級】マルウェア分析トレーニング」「ICS / SCADA セキュリティトレーニング」の3つのプログラムを提供する。これらは、(ISC)2 が認定するCPEクレジット付与の対象となる予定。初回は「Web ペネトレーショントレーニング」と「マルウェア分析トレーニング」(ともに3日間、30万円)を提供。海外のセキュリティハッキングコンテスト(DEFCON等)で入賞実績のあるNSHC社所属のホワイトハッカー講師により、全編英語で行われる。

(吉澤 亨史)

最終更新:4/18(火) 8:00

ScanNetSecurity