ここから本文です

山陽道で事故相次ぐ 雨で視界不良か 広島

朝日新聞デジタル 4/18(火) 0:48配信

 17日午後9時35分ごろ、広島県三原市の山陽自動車道上り高坂パーキングエリア横の本線部分で、普通乗用車が単独で事故を起こしたと110番通報があった。広島県警高速道路警察隊によると、その後、この現場付近で大型トラックが横転したほか、別の大型トラック同士が追突する事故も発生した。現場は直線道路で、事故当時は雨のため視界はよくなかったといい、高速隊が関連を調べている。

 NEXCO西日本によると、これらの事故で、けが人が1人いるとの情報があるという。この事故の影響で、山陽道は本郷ICと三原久井ICの間の上り線で通行止めとなっている。

 また、同日午後11時30分ごろ、広島市東区の山陽道下り広島東IC付近で、乗用車1台が事故を起こしたため、NEXCO西日本の職員が現場に向かう途中、付近の道路の表面のアスファルトが車約1台分程度にわたってはがれているのを発見。同社が原因を調べている。

朝日新聞社

最終更新:4/18(火) 0:53

朝日新聞デジタル