ここから本文です

オージス総研の「API公開支援ソリューション」、インテリジェンスが採用

BCN 4/18(火) 13:20配信

 オージス総研(西岡信也社長)は4月18日、インテリジェンス(峯尾太郎社長)のアルバイト求人情報サービス「an」の法人顧客向けサービスに、オージス総研の「API公開支援ソリューション」が採用されたと発表した。

 インテリジェンスは、総合人材サービスのパーソルグループの一員で、求人メディアの運営や人材紹介や人事コンサルティングなどのサービスを展開している。今回、アルバイト求人情報サービス「an」を利用する法人顧客の利便性を向上するために、オージス総研のAPI公開支援ソリューションを採用し、anの応募者管理サービスと「LINEバイト」など、ビジネスパートナーの採用管理システムとのAPI連携を可能にした。

 今回採用したAPI公開支援ソリューションでは、オージス総研のAPI開発スタックとクラウドを利用することで、APIの安全な公開を迅速に実現。わずか2か月でオンプレミスのデータをセキュアにビジネスパートナーに提供することが可能となった。構築されたAPI公開基盤は、今後、データ連携だけではなく新たなサービスやビジネスを創造していく上で重要なカギになると期待されている。

 オージス総研では、顧客のAPI公開の成熟度に合わせたソリューションを幅広く提供し、API公開によるデジタルビジネスの実現を支援していく考え。

最終更新:4/18(火) 13:20

BCN