ここから本文です

ウディ・アレン、私生活にも迫る評伝&監督作を解説するヴィジュアルガイド発売

映画ナタリー 4/18(火) 7:04配信

ウディ・アレンの関連書籍2冊が、4月下旬に発売される。

まず4月21日にキネマ旬報社から刊行されるのは、評伝「Woody ウディ」。彼が映画界に入り、俳優や脚本家を経て監督としてヒット作を生み出すようになるまでをたどったものだ。親友ディック・キャヴェットのインタビューも収められた後半では、結婚や養女とのスキャンダルを含めた彼の私生活に迫る。また最初の妻のインタビューや、ジャーナリストである著者デイヴィッド・エヴァニアーとアレンが2015年4月に実施したミーティングの模様も収録される。

【写真】「ウディ・アレン 完全ヴィジュアルガイド」書影(他2枚)

そして4月26日にはSPACE SHOWER BOOKSから「ウディ・アレン 完全ヴィジュアルガイド」が発売される。これはアレンの監督デビュー作「What's Up, Tiger Lily?(原題)」から近作「ブルージャスミン」までを1本ずつ解説するファンブック。この日本版では、「マジック・イン・ムーンライト」「教授のおかしな妄想殺人」「カフェ・ソサエティ」の解説も加えられている。

なおアレンの最新映画「カフェ・ソサエティ」は、1930年代のハリウッド黄金期を背景に、主人公ボビーと2人の美女のもつれた恋模様を描くロマンティックコメディ。5月5日より全国で公開される。

最終更新:4/18(火) 7:04

映画ナタリー