ここから本文です

【巨人】長野「少しでも力に」被災した益城町の飯野小学校でキャッチボール

スポーツ報知 4/18(火) 6:05配信

 巨人の長野と立岡が17日、球団の社会貢献活動「G hands(Gハンズ)」の一環で、昨年4月に発生した熊本地震で大きな被害を受けた熊本・益城町の飯野小学校を訪問した。

【写真】熊本空港に降り立った村田

 小学校3年生から6年生までの児童約80人とキャッチボールや質疑応答などで約1時間交流。校庭には、震災後に建てられた仮設住宅が並び、現在でも被災者が暮らしている。それでも元気な児童の姿に、長野は「パワーをもらいました。頑張れといわれたような気がしました」と振り返った。

 熊本・芦北町出身の立岡は、昨年12月に熊本で野球教室を開催。「(プロ野球選手は)子どもたちの憧れになったり、夢を与えたりすることができる職業だと思うので、少しでも野球の力を使って熊本、九州に良い報告ができるようにと思います」と活躍を誓った。

最終更新:4/18(火) 9:48

スポーツ報知

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合4/26(水) 7:10