ここから本文です

フランス映画「あしたは最高のはじまり」が9月9日に日本公開決定

4/18(火) 17:04配信

CDジャーナル

 映画『最強のふたり』で第37回〈セザール賞〉主演男優賞を受賞したオマール・シーが主演を務めたフランス映画「Demain Tout Commence(原題)」。本作が「あしたは最高のはじまり」の邦題で9月9日(土)より東京・角川シネマ有楽町、新宿ピカデリー、渋谷シネパレスほか全国で公開されることが決定しました。

 本作の主人公は南仏コートダジュールで自由気ままに暮らすプレイボーイのサミュエル。とあることから、グロリアと名づけられた赤ちゃんを引き取ることになった彼が、異国の地、英ロンドンでゲイの友人と子育てに奮闘するうちに父親として成長していく姿や、家族の絆を描いた感動作です。サミュエルとともに子育てをするベルニーを『人生、ブラボー!』のアントワーヌ・ベルトラン、成長したグロリアを子役のグロリア・コルストンが演じているほか、『ハリー・ポッターと炎のゴブレット』のクレマンス・ポエジーも出演。監督はユーゴ・ジェランが務めています。

最終更新:4/18(火) 17:04
CDジャーナル

Yahoo!ニュースからのお知らせ