ここから本文です

話題の新興SNS「マストドン」 ツイッター超えられる?記者が試してみた

J-CASTニュース 4/18(火) 19:18配信

 ツイッターはもう古い、これからは「マストドン」だ――ネットの一部で、そんな話が盛り上がっている。

【画像】タイムラインはこんな感じ

 ドイツ発のこのSNSは、2017年4月に入って日本でも利用者が急増し、その「古くて新しい」魅力に取りつかれる人が続出中だ。いったいどんなサービスなのだろうか。実際に記者が参加して、その面白さを体験してみた。

■4月に入って一気に大ブレーク

 今回、記者は日本人ユーザーが集まる「mstdn.jp」というインスタンス(フォーラム的なもの。詳しくは後述)を覗いてみた。大学院生の「ぬるかる」さんが個人で作ったものだが、4月18日時点で約6万5000人が登録、世界第2位の規模となっている(1位はPixivが運営する「pawoo.net」で、こちらも日本)。

 ログインしてみると、その画面はツイッター、というより、その閲覧用クライアントとして一時期よく使われていた「TweetDeck」に似ている。この時点で、ツイッタラーには懐かしい。

 ツイッターだと、何人かフォローしないことには誰の発言も見られないのだが、マストドンでは「ローカルタイムライン」というものがある。これを選ぶと、そのインスタンスにいる人の発言がすべて流れてくる。mstdn.jpなら、6万人超分の投稿だ。真面目な内容から下ネタまで、滝のように流れてくる。普通のフォローもできるが、これを見ているだけでも結構楽しい。

 自分もなにか投稿してみよう。ちなみに、つぶやきは「ツイート」ではなく、「トゥート」と呼ばれる。リツイートは「ブースト」だ。500文字まで入るが、ほとんどの人は140字も使っていない。

  「早く原稿書かないと」

 試しにそうトゥートしてみると、すぐに「お気に入り」がついた。記者と同じように「ローカルタイムライン」を眺めている人も多いらしく、フォロー数が少なくとも、トゥートに対してよく反応が返ってくる。レスポンスがあるのが嬉しくて、知り合いだらけのツイッターでは書けないような、くだらないことばかりトゥートしてしまう。

1/2ページ

最終更新:4/18(火) 19:49

J-CASTニュース