ここから本文です

ド迫力!『トランスフォーマー』新予告が公開!

シネマトゥデイ 4/18(火) 12:00配信

 『トランスフォーマー』シリーズの最新作『トランスフォーマー/最後の騎士王』から驚異の映像満載の、新たな予告編が公開された。マイケル・ベイ監督は新作について「今までのシリーズとは全く違う新しい作品さ。スティーヴン・スピルバーグは今回の脚本を『シリーズ最高』と言ってくれたんだ」と自信みなぎるコメントを発表している。

すんごい迫力『トランスフォーマー』最新作予告編

 同シリーズは、あらゆるテクノロジー機器に変形する “金属生命体”トランスフォーマーと人類の攻防をテーマに、人間に味方する正義のトランスフォーマー「オートボット」の活躍を追った作品。幾度となく人類を救ってきたオプティマス・プライムが去った地球では、オートボットのリーダーになったバンブルビーが必死に世界を守ろうとするが、悪の集団ディセプティコンたちが勢力を伸ばし、地球は壊滅的状況に陥っていた。そんな中にオプティマスが帰還して平穏が訪れるかと思われたが、彼は仲間であったはずのバンブルビーと人類に刃を向け……。

 今回公開された映像では、謎の英国老人(アンソニー・ホプキンス)がトランスフォーマーと人間との繋がりは1,000年以上前から始まり、独立戦争、ナポレオン戦争、第一次世界大戦などの歴史のターニングポイントにトランスフォーマーが深く関わっていたと説明する。そして数々のド迫力シーンが映し出され、中にはオプティマスの瞳の色が変化して洗脳されてしまうシーンも。ベイ監督お得意の破壊シーンも随所におさめられており、壮大なスケールのストーリー展開を予感させる内容となっている。

 トランスフォーマーと人間の全面戦争が避けられない絶望の中で、唯一の希望は「選ばれし者」の存在であると知る主人公ケイド・イェーガーは、前作と同様に『テッド』シリーズなどのマーク・ウォールバーグが演じている。イェーガーはオックスフォード大学の教授(ローラ・ハドック)、謎の少女(イザベラ・モナー)との出会いを経て、人類最大の危機を救うために立ち上がる。(編集部・海江田宗)

映画『トランスフォーマー/最後の騎士王』は8月4日全国公開

最終更新:4/18(火) 14:50

シネマトゥデイ