ここから本文です

ゴヤ賞で5冠、余命わずかな男と周囲の人々の交流描く「しあわせな人生の選択」公開

映画ナタリー 4/18(火) 9:18配信

スペインのアカデミー賞にあたるゴヤ賞にて作品賞ほか5冠を獲得した「Truman」が、「しあわせな人生の選択」の邦題で公開される。

【写真】「しあわせな人生の選択」(他2枚)

本作は、肺がんに侵され余命わずかな男の“死への身支度”と、彼を取り巻く人々や愛犬トルーマンとの最期の4日間を描くヒューマンドラマ。第30回ゴヤ賞で作品賞、監督賞、主演男優賞、助演男優賞、脚本賞を受賞した。

自分の死と向き合う男フリアンを「人生スイッチ」のリカルド・ダリン、フリアンに振り回されながらも彼に寄り添う親友トマスを「トーク・トゥ・ハー」のハビエル・カマラ、フリアンのいとこ・パウラを「ブエノスアイレスの夜」のドロレス・フォンシが演じる。

監督・脚本を担当したセスク・ゲイが、自身の母親の闘病生活をもとに制作した本作。ゲイは「この映画が、観客にとってそれぞれの死に対する感情と向き合うきっかけになればよいと思いました。死が目前まで迫ると、誰もがどうしても感じてしまう動揺をコントロールできるようにね」とコメントを寄せた。

「しあわせな人生の選択」は7月1日から東京・ヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国で順次公開。



(c)IMPOSIBLE FILMS, S.L. / TRUMANFILM A.I.E. / BD CINE S.R.L. 2015

最終更新:4/18(火) 9:18

映画ナタリー