ここから本文です

【GLM G4】日本初のEVスーパーカー、2019年市販へ…想定価格4000万円

4/18(火) 12:26配信

レスポンス

GLMは4月18日、日本初のEVスーパーカーとして2019年の量産を目指す『GLM G4』を東京で国内初公開した。

[関連写真]

GLM G4は、『トミーカイラZZ』に続く次世代EVスーパーカーとして、昨秋のパリモーターショーでコンセプトモデルを初公開。クーペスタイルの4ドア4シーターで、ハサミのように跳ね上がるシザーズドアを前後に採用。スーパーカーのルーフラインを保ちつつ、4人が移動を楽しめる快適性を確保している。

パワーユニットは、高効率・高出力のモーター「マルチ・サリエンシー・パワー・パッケージ」を前後に2機搭載。最高出力540ps、最大トルク1000Nmを発揮する。加えて2機のモーター各々が路面状態に応じて、タイヤの回転力を調整する制御技術も搭載し、走行時の動力を最大化。0-100km/h加速3.7秒、最高速度250km/h、航続距離400kmを実現する。

GLM G4の想定価格は4000万円に設定。販売台数は1000台を目指し、同モデルだけで400億円程度の売り上げを目標に事業を展開する。また世界展開を視野に入れており、欧州や香港、中東、中国での販売を計画している。

GLMでは2019年の量産化に向けて開発ピッチを上げ、現在、G4専用のパワートレインや最先端の電子制御装置等の開発を協力会社と共同で進めている。また、京都の自社研究開発拠点では重要部品の搭載検討を開始、年内には試作車での走行テストを行う予定だ。

《レスポンス 纐纈敏也@DAYS》

最終更新:5/5(金) 14:19
レスポンス