ここから本文です

フェテル2勝!アロンソ、予想以上の苦戦に「非力なPU」/バーレーンGP

サンケイスポーツ 4/18(火) 7:00配信

 F1世界選手権第3戦バーレーンGP決勝(16日=日本時間17日、バーレーン国際サーキット=1周5・412キロ×57周▼ドライ)セバスチャン・フェテル(29)=ドイツ、フェラーリ=が3番手スタートから優勝。2戦ぶり今季2勝目、通算44勝目を挙げた。マクラーレン・ホンダはストフェル・バンドーン(25)=ベルギー=がパワーユニット(PU)のトラブルで出走できずに棄権。フェルナンド・アロンソ(35)=スペイン=は完走扱いの14位になったが、マシントラブルでゴールはできなかった。

 マクラーレン・ホンダは、バンドーンが今大会3度目のPUの不具合でスタート前に“終戦”。アロンソは前日に問題が発生したPUを交換していたが、予想以上の苦戦に「300メートル後方にいた車に(単純な馬力勝負となる)直線で抜かれてしまう。これほど非力なPUは経験がない」と叫んだ。国際映像で流れたチームとの無線のやりとりが、世界各紙の見出しになってしまった。

最終更新:4/18(火) 7:00

サンケイスポーツ