ここから本文です

ミランダ・カー 脱ぎ惜しみは再婚→引退のサイン?

4/18(火) 11:01配信

東スポWeb

 マルコメや黒烏龍茶、サマンサタバサのCMで日本でもおなじみの人気スーパーモデル、ミランダ・カー(33)に“異変”が起きている。「見せてナンボ」のモデル商売なのに、7歳年下の億万長者と婚約して以降、肌の露出をイヤがっているという。その証拠に、今月3~5日にランジェリーブランドのPRで訪韓したときも、下着姿になるのを最後まで拒んだというから、やはりオカシイ。ひょっとして、再婚→引退なのか?

【写真】ヘソ出しルックで来日したモデルのミランダ・カー

 人気英俳優オーランド・ブルーム(40)と結婚し息子フリン君(6)をもうけるも、3年ちょいしか持たず、2013年秋に離婚。その後、噂になった母国オーストラリアの大富豪(49)や米国の不動産王(52)らオジサンはソデにし、結局選んだのは年下のITオタクだった。米実業家エヴァン・シュピーゲル氏(26)。14年にルイ・ヴィトンのパーティーで出会い、翌15年夏から付き合い始めた。

「15年秋、撮影現場にフリン君と一緒に連れて来て、『ハニ~!』って言いながらブチュブチュとキスしていた。でも当時は誰も彼氏の素性を知らず、あなた誰?みたいな感じだった」。こう振り返るのは、ミランダ起用広告のロケに居合わせたスタッフだ。

 ところが、エヴァン氏が開発した写真共有アプリ「スナップチャット」は、フェイスブックやインスタグラムをしのぐ人気となり、エヴァン氏は瞬く間に時代の寵児に。

 昨年5月、2人はハリソン・フォード(74)が所有していた米ロサンゼルスの豪邸を購入し、翌6月に婚約した。

“世界一の美乳”を武器に、ミランダは14年から“寄せ上げ”下着ブランド「ワンダーブラ」の広告塔を務めているが、昨秋ロスでの撮影では微妙な変化が見られたという。

「ランジェリー撮影なのに恥ずかしがったり、以前と比べて保守的になった気がした。女性向けの広告だから健康的に見せるのが重要で、何もM字開脚とかいやらしく撮るわけでもないのに…。最終的に使う写真を選ぶときも、昔より注文が多くなった」(広告関係者)

 同ブランドのプロモーションでさる3日から5日、韓国ソウルを訪問し、4日の一日をかけてインストアイベント、下着ファッションショー出席(写真2)、そして通販番組生出演とハシゴしたときも、こんなことがあった。

「クライアント側は下着姿でランウェイを歩いてほしいとショー当日まで粘って頼んだが、ミランダはかたくなにノー。ショーでも通販番組でも、ブラが透けたレース地の衣装だった。結果的にはチラリズムが逆にエロかったけど」(韓国芸能記者)

 エヴァン氏がCEOを務めるスナップチャット運営会社は先月、ニューヨーク証券取引所に上場。評価額は約330億ドル、株価は44%上昇し、久々の大型上場となった。

「彼氏の上場までミランダは再婚を待ってたような気がする。だから入籍は今年中では。早ければ今月20日の彼女の誕生日とか」と前出広告関係者は指摘する。

「ソウル滞在中は、かなり高そうな婚約指輪を左手薬指にずっとはめていた。また、お付きの巨漢ボディーガードはもともと彼氏の専属で、ミランダを心配して彼氏がニューヨークからわざわざ行かせたそうだよ。ミランダは前よりムチッとしていて、関係者の間では幸せ太りだと話題になっていた」(前出記者)

“大富豪すごろく”の上がりは近い!?

最終更新:4/18(火) 12:33
東スポWeb