ここから本文です

ボーズ、新型Bluetoothスピーカー「SoundLink Revolve Bluetooth speakers」を発表

アスキー 4/18(火) 18:32配信

ボーズは周囲に音が広がる円筒形のBluetoothスピーカー「SoundLink Revolve Bluetooth speakers」を発表した。サイズの異なる2機種が用意される。

 ボーズは4月18日、新型Bluetoothスピーカー「SoundLink Revolve Bluetooth speakersシリーズ」2機種を発表した。4月28日に発売する。
 
 根本から再設計したというアルミ製の円筒形状をしており、エンクロージャーはボディと一体成型。2基のパッシブラジエーターを対向配置。下向きにセットされた超高効率トランスデューサーから音を放射、新開発の音響デフレクターによってサウンドは全方向に均一に広がる。エンクロージャー内の空気圧を制御して歪みを除去する「圧力弁」構造体により、これまでの全周囲スピーカーにありがちなスイートスポットの発生や特定周波数の落ち込みも回避しているという。
 
 SoundLink Revolve speakersは本体サイズがおよそ直径83×高さ152mm、重量は約670g。内蔵バッテリーで最大12時間の再生が可能。ひとまわり大きくよりパワフルな音響性能を持つ「SoundLink Revolve+ speakers」は、およそ直径105×高さ184mm、重量は約910g。バッテリーで最大16時間動作する。
 
 両モデルともNFCによるペアリング、内蔵マイクによるスピーカーフォンとしての利用が可能。また、スマホアプリでを使うことで2台を連携、同じ音を2台で再生したり、ステレオ再生することができる。価格はRevolveが2万7000円、Revolve+が3万7800円。
 
 
文● 行正和義 編集●ASCII

最終更新:4/18(火) 18:32

アスキー