ここから本文です

(激動韓国 5・9大統領選)文氏と安氏、2強対決 選挙戦スタート

朝日新聞デジタル 4/18(火) 16:00配信 有料

 韓国大統領選の選挙戦が17日、始まった。進歩(革新)系で最大野党「共に民主党」の文在寅(ムンジェイン)前代表(64)と中道系で野党第2党「国民の党」の安哲秀(アンチョルス)・元常任共同代表(55)による事実上の一騎打ち。保守系の2人が追う展開だ。緊迫する北朝鮮情勢への対応や朴槿恵(パククネ)政権の教訓、若者の深刻な就職難などが主な争点になる。

 ■THAAD、安氏は容認に
 選挙戦で最も熱い論戦が繰り広げられているのが、米軍の高高度迎撃ミサイルシステム(THAAD〈サード〉)の韓国配備だ。北朝鮮が弾道ミサイル発射を続け、情勢が緊迫する中、安氏は配備を認める姿勢に転換。……本文:2,739文字 この記事の続きをお読みいただくには、朝日新聞デジタルselect on Yahoo!ニュースの購入が必要です。

  • 通常価格:
    390円/月(初月無料)
  • 会員価格会員価格:
    324円/月(初月無料)

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上、ご購入ください。

Yahoo!プレミアム会員登録はこちら(月額498円)

朝日新聞社

最終更新:4/18(火) 16:00

朝日新聞デジタル