ここから本文です

好調オリの勢い止めん!ロメロ、18日日本ハム戦強行出場も「早く戻りたい」

サンケイスポーツ 4/18(火) 7:00配信

 オリックスの新外国人、ステフェン・ロメロ外野手(28)が17日、遠征先の鹿児島から空路で静岡入り。左腰に死球を受けた影響で15日の試合を欠場した主砲は18日の日本ハム戦(静岡)で強行出場も辞さない構えをみせた。不動の4番が連勝中のチームをさらに勢いづかせる。

 とにかく、試合に出たい-。鹿児島空港のロビー。表情は穏やかでも、熱い思いは言葉の端々ににじんだ。手負いのロメロが強行出場すらいとわない姿勢をみせた。

 「状態はよくなっている。あしたグラウンドに行って、体を確認してからになるけど、出られる感触はある。自分も早く戻りたい」

 14日のソフトバンク戦(ヤフオクドーム)で、もともと痛めていた左腰に死球を受け、途中交代。翌日の同カードも欠場した。前日16日は中止になったが、ゲームがあれば、出場は厳しい状況だった。同日にティー打撃こそ再開したものの、福良監督に告げた状態は「50パーセント」。ただ、同時に「試合に出られるようになったら、もう休まないから」と誓っていたという。その心意気が頼もしい。

 出場した12試合すべてで4番を任され、打率は・244ながら、リーグ2位の4本塁打を4戦連続で放つなど、存在感を発揮し、打点も11。そして何より、全力で走り、全力で守る。プレーに一切、手を抜かない助っ人の鏡のような男だ。指揮官は「あしたの様子を見てから」と慎重に言葉を選んだが、「本人がいけるということであれば、使います」と期待を込めた。

 「チームがいい状態なのは見ていてもうれしい。貢献できるようにしたい」

 R砲は静かに闘志を燃やした。昨季、4年ぶりの最下位に沈んだチームはここまで2位と好調。68得点、12本塁打はリーグトップだ。連勝で流れはいい。ロメロが打線の中心に腰をおろせば、2・5ゲーム差の首位楽天を追いかける態勢は整う。

最終更新:4/18(火) 7:00

サンケイスポーツ

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合4/28(金) 3:55