ここから本文です

憩いの場に避難所機能 御殿場、青少年広場が開所

@S[アットエス] by 静岡新聞SBS 4/18(火) 9:11配信

 御殿場市東山の市東山青少年広場の開所式が17日、同所で開かれた。余暇や休息の場としてだけでなく、災害時の避難所としての機能も備える。行政関係者や地元住民ら約50人が出席して、開所を祝った。

 若林洋平市長は「普段は富士山の景観を楽しんだり、祭事で利用したりして多くの人に楽しんでもらい、災害時には重要な避難場所としてしっかりと活用してほしい」とあいさつした。

 広場は老朽化を理由に解体された青少年会館の跡地に設置された。運動広場や芝生の広場、野外炊飯場などを備え、総面積は約1万1300平方メートル。総事業費は約3億900万円。

 市の地域防災計画で災害時の避難地に指定され、運動広場は緊急時にヘリポートとして活用が可能。トイレは断水時にはくみ取り式として使うことができる。

静岡新聞社

最終更新:4/18(火) 9:11

@S[アットエス] by 静岡新聞SBS