ここから本文です

冬虫夏草の写真や標本 バードピア浜北が展示刷新

@S[アットエス] by 静岡新聞SBS 4/18(火) 9:14配信

 浜松市浜北区尾野の県立森林公園バードピア浜北はこのほど、常設展示を刷新した。冬虫夏草の写真や標本、なかなか見ることができない昆虫の写真などを並べている。

 冬虫夏草の写真や標本約30点は、昨秋にバードピア浜北で開かれた展示会の出展品を譲り受けた。ハヤカワセミタケやハチタケなどの写真の奇妙な姿に注目が集まる。昆虫の写真はゲンジボタルや、4~6月に見られ、成虫になると樹木の上部に止まり撮影が難しいハルゼミなど約10枚を解説付きで張った。チーフ自然解説員奥田裕介さん(43)は「あらためて森林公園に親しんでほしい」と話す。

 同公園の情報を伝えるバードピア浜北は2004年に開館し、年間8万5千人前後が訪れる。12~16年度の指定管理者「フォレメンテあかまつ」(同区、藤下章男代表理事)が17~21年度も管理運営を担うことになり、常設展示も改めた。水曜休館。

静岡新聞社

最終更新:4/18(火) 9:14

@S[アットエス] by 静岡新聞SBS