ここから本文です

今季2度目の“奇跡”実現へ...鍵を握るのはネイマールとスアレス

GOAL 4/18(火) 20:04配信

バルセロナが今季2度目の“奇跡”を起こすためには、FWルイス・スアレスとネイマールの最高のパフォーマンスが必要になりそうだ。スペイン『スポルト』が伝えている。

2月に行われたチャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦で、バルセロナはパリ・サンジェルマン(PSG)とのファーストレグを0-4で落としながら、セカンドレグを6-1で制して奇跡の逆転劇を演じた。だがその1カ月半後、準々決勝のファーストレグ、敵地でユヴェントスに0-3と敗戦してまたも敗退の危機に追い込まれている。

19日に控えるユヴェントスとのセカンドレグでは、FWリオネル・メッシ、スアレス、ネイマールの“MSN”が輝きを放たなければならない。ネイマールはここまでCL8試合で4得点を挙げているが、ユヴェントスとの一戦においては同胞DFダニエウ・アウベスを前にして完全に封じ込められた。「順調に行けば、もう一度逆転劇が起こるはず」と先日語ったブラジル代表FWは、マラガ戦の処分によりリーグ戦で3試合の出場停止となっており、その代わり疲労を引きずらずにCLに臨むことが可能となっている。

一方、スアレスもファーストレグのユヴェントス戦で沈黙した。直近の公式戦3試合ノーゴールに終わっているスアレスだが、これは今季ワーストタイの記録だ。PSG戦で開始3分に先制点を挙げて奇跡への流れをつくったウルグアイ代表FWは、準決勝進出のため本来の決定力を取り戻す必要がある。

メッシは得点こそなかったものの、アウェーのユヴェントスとの試合でMFアンドレス・イニエスタに鋭いスルーパスを通すなど、存在感を見せていた。メッシの“魔法”の成果は、ネイマールとスアレスのフィニッシュの精度に懸かっていると言っても過言ではない。“MSN”の破壊力がイタリア王者のカテナチオを破れるのか、注目だ。

GOAL

最終更新:4/18(火) 20:04

GOAL

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合