ここから本文です

<天気>大荒れ、のち初夏 東京・練馬で27度超す

毎日新聞 4/18(火) 11:00配信

 関東地方は18日、急速に発達しながら日本海を北東に進んだ低気圧の影響で強風と激しい雨に見舞われた。

 JR東日本東京支社によると、強風のため、京葉線が午前6時ごろから一部の電車を運休したり、徐行運転したりしたため、通勤時間帯に影響が出た。

 関東地方は雨がやんだ後は内陸部を中心に気温が上昇し、汗ばむ陽気となった。気象庁によると、18日午後1時までに、東京・練馬で27.6度、神奈川県小田原市で26.5度などを記録した。予想最高気温は群馬県南部で30度、埼玉県北部や東京都内で28度と、真夏日や夏日になる地域もありそうだ。

 北海道では午前11時21分に倶知安町で最大瞬間風速34.9メートルを記録するなど荒れた天候となった。北海道によると同日午前11時の集計で、道内8市町村の住宅計24棟でトタン屋根がはがれるなどの被害が出たほか、電線に倒木が引っかかるなどしたため約2770戸が停電した。

 気象庁によると、18日夜にかけて北日本の太平洋側を中心に大気の状態が不安定になり、激しい雨が降る恐れがある。【神足俊輔、三沢邦彦】

最終更新:4/18(火) 13:32

毎日新聞