ここから本文です

調布の「ユウキ食品」が新商品「パクチーソルト」など ブームで関連商品も好調 /東京

みんなの経済新聞ネットワーク 4/18(火) 11:30配信

 調布に本社を置く食品メーカー「ユウキ食品」(調布市富士見町1)が、「パクチーソルト」など春の新商品を発売した。(調布経済新聞)

家庭でタイ風やきそばが作れる「パッタイソース」(左)、手軽にパクチーやグリーンカレー味が楽しめる「パクチーシーズニング」と「グリーンカレーシーズニング」(右)

 1974(昭和49)年創業の同社は、中華食材をはじめ、韓国、エスニック系食材、スパイスやドレッシングなど、世界各国の調味料や食材を販売する食品メーカー。2007年には、世界最大のスパイスメーカー、米・マコーミック社との提携により欧米の食材も強化し、さらなるグローバル化を実現した。現在、世界中から約1200食品を取り扱う。

 同社は、四川豆板醤(トウバンジャン)、甜面醤(テンメンジャン)のほか、化学調味料無添加のオイスターソースやガラスープなどの中華調味料を主軸に商品を展開。創業当初から、化学調味料、保存料、着色料などをできるだけ使用しない商品作りをコンセプトにしている。同社・経営企画部の担当者は「年々化学調味料無添加の商品に対する、消費者の関心や需要の高まりを実感している」と話す。

 今回、発売された新商品は、リニューアルや業務用商品も含め27品。「四川汁なし担々麺の素(もと)」(150円)、「四川よだれ鶏ソース」(140円)などの中華食材のほか、「パクチーソルト」(200円)、「パクチーシーズニング」(160円)、「グリーンカレーシーズニング」(160円)、「パッタイソース」(240円)、「MC セロリドレッシング」(320円)など、エスニック系食材やドレッシングを新たにラインナップ(価格は全て税別)。近年のパクチー人気から同商品を中心に、ドレッシングも、セロリやわさびといった香味野菜や香辛料を使った新商品を取りそろえた。

 担当者は「数年前からパクチー商品が売れ筋となっており、今回もその新商品に期待している。各家庭の基礎調味料として、今後もお客さまに求めていただけるような商品を作っていきたい」と話す。

 商品の問い合わせは、お客様相談センター(TEL 0120-69-5321)まで。

みんなの経済新聞ネットワーク

最終更新:4/18(火) 11:30

みんなの経済新聞ネットワーク