ここから本文です

松岡修造の娘が宝塚音楽学校入学式に出席「注目されることにも感謝して」と母エール

4/18(火) 14:31配信

東スポWeb

 元テニスプレーヤーでスポーツキャスターの松岡修造氏(49)の長女・恵さん(17)が18日、兵庫・宝塚市の宝塚音楽学校で行われた第105期生入学式に出席した。

 グレーの制服に身を包んだ恵さんは、26・1倍の難関を突破した同期生40人とともに笑顔で記念撮影。関係者からの祝辞や本科生からの歓迎の辞に真剣な表情で耳を傾けた。

 今年は恵さんの入学もあって、例年以上に注目度もアップ。関係者によると、昨年の約3倍の報道陣が集まったという。

 105期生は13日に入寮し、自衛隊・伊丹駐屯地に赴き、行進の練習を行うなど入学式に向けたリハーサルを行ってきた。

 この日、保護者席に修造氏の姿はなかったが、母の元テレビ東京アナウンサー・田口恵美子さん(51)が、愛娘の晴れ姿をカメラやビデオに収めた。

 式典終了後、取材に応じた恵美子さんは「入学できたんだな、と。新たなものに身を包んで、今日が旅立ちの日なんだなと思うと、グッときました」と感慨深げ。恵さんの顔を見たのは5日ぶりで、家に帰って愛娘がいないことで寂しい気持ちになるという。

 もちろん、修造氏も寂しがっているそうだが「本人が決めた道なので、強い意思を持って突き進んでくれればと思います」とキッパリ。この日、仕事で出席できなかった修造氏から預かってきた手紙を恵さんに渡したという。

 恵さんの性格については「小さい時はお笑い芸人になりたいって言ってたくらいで、周りを笑わせることが大好きな子です。ひょうきんというか…父を見れば分かると思います」と笑った。

 血筋もあって、恵さんにはどうしても注目が集まってしまうが「温かく見守っていただけるのが一番ありがたいです。ただ、注目を浴びることにも感謝しないといけないと思うし、それだけの責任と覚悟を持っていったのでしょう」とエールを送った。

最終更新:4/18(火) 14:57
東スポWeb

Yahoo!ニュースからのお知らせ