ここから本文です

女性の起業後押しへ「見本市」 大津でセミナー成果発表

京都新聞 4/18(火) 23:00配信

 女性の起業を後押しするイベント「咲(さ)く楽(ら)マルシェ」が18日、大津市浜大津1丁目の旧大津公会堂で開かれた。「女性起業家の見本市」として、女性店主らが手作りアクセサリーやヘッドマッサージのブースを出店し、起業に興味を持つ来場者にはアドバイスもした。
 主催したのは、昨秋に市が実施した女性起業家経営スクールの1期生20人。起業するかどうか迷っている女性たちに自身の体験を話す場として初めて企画した。インターネットでイベント開催資金を集めるなど、スクールで学んだことを実践した。
 マルシェでは出店ブースだけでなく、1期生の行政書士による「プチ起業講座」や、整理収納アドバイザーによるお片付け講座なども開催。0歳の長女と訪れ「値付け講座」に参加した滋賀県日野町の主婦杉村摩耶さん(35)は「育児の合間に趣味のステンドグラス作りを仕事にできないか悩んでいた。私も起業できる気がしてきた」と意欲を高めていた。
 市は第2期の経営スクールを今秋にも開催する予定。

最終更新:4/18(火) 23:34

京都新聞