ここから本文です

米イリノイ州議会議員、乗客の強制降機を禁じる法案提出

ロイター 4/18(火) 10:38配信

[シカゴ 17日 ロイター] - 米イリノイ州シカゴの空港でユナイテッド航空<UAL.N>の乗客が、同社の従業員の席を空けるために機内から引きずり降ろされた問題を受け、ピーター・ブリーン同州下院議員(共和党)は17日、飛行機から乗客を強制的に降ろすことを禁じる法案を提出した。

法案は、乗客が自身や他人に危害を加えたり、緊急事態が起きたりしない限り、乗客を無理やり降ろすことを違法としている。

料金を支払わずに搭乗する従業員の席を空けるために乗客を強制的に降ろすという方針を続けている航空会社を使った旅行の手配や、そうした航空会社を対象とした取引、投資なども同州政府に禁じる。

同議員は声明を発表し、今回の事件について「許されることではなく、二度とあってはならない。ユナイテッド航空やシカゴ、イリノイ州にとって不名誉なことだ」と語った。

最終更新:4/18(火) 11:29

ロイター