ここから本文です

米国防部、THAAD配備は「軌道に乗った」=予定通り進行へ

4/18(火) 11:19配信

WoW!Korea

米国政府は、朝鮮半島へのTHAAD(終末高高度防衛ミサイル)配備はすでに決定事項であり、米・韓両国が決まった段階通りに進行していくと明かした。

 米国務省東アジア太平洋局のスーザン・ソーントン首席副次官補代理は17日(現地時間)、国務部で進行された朝鮮半島状況に関するブリーフィングで、THAAD配備および運営時点に関連し、中国側の批判と報復以降、変化または速度調整があるのかという質問に対して、このように回答した。

 ソーントン代理は「米韓同盟の中で両国は、約1年前にTHAAD配備を決定し、この決定過程でどのような変化もない」としながら、「THAAD配備はすでに軌道に乗り、必要な措置を踏んでいる」と説明した。

 一方でソーントン代理は、THAAD配備が韓国大統領選挙以降にずれこむ可能性を問う質問については回答を避けた。

最終更新:4/18(火) 11:19
WoW!Korea