ここから本文です

【ラウェイ in ジャパン3】歴史的初勝利へ日本人4人が出撃

4/18(火) 16:45配信

東スポWeb

「世界一危険な格闘技」ことラウェイの「ラウェイ in ジャパン3」(18日、後楽園)の前日会見が17日に行われ、日本人出場4選手が国内大会での初勝利に闘志を燃やした。

 ミャンマー伝統の格闘技ラウェイだが、過去2回の日本大会では日本人選手は未勝利。今大会では蓮實光(30)、浜本“キャット”雄大(27)、久保輝彦(37)、BAKI(29)の4人が初参戦し本場戦士と激突する。

 ター・テ・タプイン(22)と対戦する蓮實は「バンデージだけ(の拳)で戦うのは初めてなんですけど、どれだけ痛いのか楽しみ」と豪語。ティン・タイ(19)と対戦する浜本も「僕がスターになる過程で、後々『キャット、ラウェイに出てたんだ』と思われる大会になる」と腕をぶし“歴史的勝利”を誓っていた。

最終更新:4/18(火) 16:45
東スポWeb