ここから本文です

斎藤工、ハロプロライブで警備の過去 最前列でロープを持ち「股間が目の前」

デイリースポーツ 4/18(火) 11:51配信

 俳優の斎藤工が18日、日本テレビ系「PON!」で、アルバイトでハロプロのコンサート警備をしていた過去を明かした。

【写真】斎藤工、上戸彩との濃厚ラブシーン…映画「昼顔」

 番組では、酒造メーカーのイベントに登場した斎藤をお笑いコンビ・銀シャリが直撃。テレビなどで言ったことのない裏話を要求した。

 斎藤はすぐに「いろんなバイトをしていて、警備のバイトをしてましてハロプロのコンサートとか行っていた」と切り出した。「こっちで(後方で)あややさん(松浦亜弥)とかがライブしているときに、僕はひもを持って、最前列で(しゃがんでいた)」と当時の様子を振り返った。

 斎藤は、警備していたときのようにしゃがみこむと「(目の前は)一番前の方の股間なんです」といきなり言いだし、「しかも唾がガンガンかかるんですけど、美しいんです」とコメント。これには銀シャリも「何言ってるんですか」と突っ込んだが「その(コンサートの)ために日々働いて、本当に幸せな瞬間を楽しんでいる」と、唾を「美しい」と感じた理由も説明した。

 銀シャリの鰻和弘は「ほぼ下ネタ」とあきれたが、橋本直は「これが1番欲しかった。他では見せない(ネタ)」と大絶賛。斎藤は「これは(他で)言ったことないです」と改めて言うと、橋本は「これで我々の評価も上がります。こんな素敵な話を引き出せたということで」と、斎藤の意外な一面を知り大喜びだった。

最終更新:4/18(火) 11:58

デイリースポーツ