ここから本文です

GitHub Developer Program、無料アカウントでも参加可能に

4/18(火) 11:27配信

ITmedia NEWS

 ソースコード共有ツールを運営する米GitHubは4月17日(現地時間)、「GitHub Developer Program」を無料アカウントユーザーでも利用できるようにしたと発表した。

【その他の画像】有料プラン

 Developer Programは、2014年3月に立ち上げた、開発者向けリソースを提供するプログラム。プログラムに加入すると、API変更についての通知や、正式リリース前の新機能の試用、GitHub Enterprise用アプリ開発のためのライセンスのリクエストなどが可能になる。

 これまでは有料アカウント会員のみが利用できた。

 これに伴い、Developer Programに3つのレベルを新設した。Level 1は入門レベルで、GitHub APIの情報を学ぶツールを使ったり、コミュニティに参加できる。Level 2はそれに加え、GitHub.comのクレジットとネットワークディスカウントが利用できる。Level 3はさらに、コンサルティングも利用できる。既存メンバーにはメンバーのレベルをメールで連絡するという。

最終更新:4/18(火) 11:27
ITmedia NEWS