ここから本文です

サッカーU20、磐田・小川が2得点 韓国大会向けアピール

デイリースポーツ 4/18(火) 13:24配信

 サッカーのU-20日本代表は18日、千葉県内でJ2千葉と30分×3本の練習試合を開催。FW小川航基(19)=磐田=の2得点、MF遠藤渓太(19)=横浜M=のFK弾などで4-1で勝った。

 U-20杯韓国大会(5月20日開幕)に向けて、最後の代表候補合宿。

 小川は「最後のアピールの場。全力でアピールすることを考えた。FWだからゴールを決めることで自信になる」と話した。

 遠藤は「ラストチャンスだと思って臨んでいた。FKは人生で初めて蹴ったというくらい。ゴールという結果を残せてよかった」と振り返った。

 内山篤監督は「21人を選ぶのに、いい意味で悩んでます」と明かす。代表メンバーは5月初旬に発表。国内合宿を経て、世代世界一を目指す大会に臨む。

最終更新:4/18(火) 13:51

デイリースポーツ

スポーツナビ サッカー情報