ここから本文です

「竜巻目撃」と誤った情報 津地方気象台、3分後に訂正

朝日新聞デジタル 4/18(火) 13:45配信

 津地方気象台が18日未明、三重県南部で「竜巻目撃情報がある」とする誤った注意情報をホームページなどで発表し、直後に訂正した。職員の入力ミスといい、気象台は「チェックするマニュアルの変更などで、間違いのないようにしたい」としている。

 気象台によると、紀伊半島に発達した積乱雲がかかり、県南部が不安定な気象状況となったため、18日午前2時45分ごろに竜巻注意情報を発表した。その際に、職員が誤ってコンピューターの入力フォームにある「竜巻の目撃情報がある」の項目にチェックを入れてしまったという。

 職員が再度確認して間違いに気づき、3分後に訂正した。当時は3人で作業していたという。発表は報道機関にも配信され、NHKは字幕スーパーで流した。

朝日新聞社

最終更新:4/18(火) 13:45

朝日新聞デジタル