ここから本文です

「ScanSnap Cloud」のOCR機能を強化、クラウドストレージでのテキスト検索に対応、スマホ撮影画像の保存も可能に

Impress Watch 4/18(火) 14:02配信

 株式会社PFUは18日、ドキュメントスキャナーと各種クラウドサービスの連携機能「ScanSnap Cloud」において、スキャンしたPDFファイルへのOCR処理機能を強化し、検索可能なPDFの作成に対応した。また、ScanSnap Cloudアプリをアップデートし、スマートフォンなどで撮影した画像の保存が可能になった。

【この記事に関する別の画像を見る】

 ScanSnap Cloudは、PCやスマートフォンなどを介さず、「ScanSnap iX500/iX100」単体でスキャンしたデータを直接クラウドサービスへ保存できるサービス。OCR処理の強化により、Box、Dropbox、Evernote、Googleドライブ、OneDriveのクラウドストレートサービスにおいて、PDFファイルの内容を全文検索可能になった。日本語での全文検索には、BoxとEvernoteのみが対応する。なお、検索可能なPDFの作成は、月あたり500ページまでとなる。

 また、名刺のスキャン時にはOCR認識した会社名・部署名・氏名を、レシートのスキャン時には日付・カード種別・カード番号・金額から、保存ファイル名を自動生成できる機能も追加した。これまでは、スキャンしたビジネス文書のタイトルや日付をファイル名として設定できた。

 ScanSnap Cloudアプリでは、撮影した画像データを自動処理し、設定したクラウドサービスに保存可能になった。自動処理では、背景除去や台形補正、アスペクト比補正などが行われる。アプリは、Windows/MacOS/Android/iOS向けに無償で提供されている。

INTERNET Watch,岩崎 宰守

最終更新:4/18(火) 14:02

Impress Watch