ここから本文です

POSデータを活用して広告やメディア露出の販売への影響を分析、GfK ジャパンがサービス提供

4/18(火) 16:00配信

ITmedia マーケティング

 GfK ジャパンは2017年4月17日、広告をはじめとするマーケティング施策が販売に与える影響を分析する「GfK マーケティング・ミックス・モデリング(MMM)」の提供を開始した。

 同サービスでは、メディア露出や各広告・キャンペーンの実行データなどをPOSデータと組み合わせることで、販売に寄与した要素を特定できる。さらに、製品情報や競合の活動などのさまざまな情報を組み合わせることで、精度の高い広告効果測定を可能にするという。

 メディアや流通の形態が複雑化する中、広告やキャンペーンの予算を適切に配分し、ROIを最大化することは大きな課題だが、このサービスを通じて製品の価格や広告の出稿媒体、展開量などを変えた場合に販売にどのような影響が出るかをシミュレーションすることで、予算配分の最適化、短期のROI評価を支援する。

Yahoo!ニュースからのお知らせ