ここから本文です

バスケ、高校もプロも全チームで日本一決定戦へ

朝日新聞デジタル 4/18(火) 16:05配信

 日本バスケットボール協会は17日、全日本総合選手権の大会方式を都道府県予選からの一貫したトーナメント制に変更すると発表した。都道府県予選は協会に登録している高校生以上の全チームに出場資格がある。大会名も「全日本選手権」に改称する。

 今年1月の前回大会は、男子はBリーグ、女子はWリーグの上位チームと高校や大学の上位として推薦されたチームなど男女各32チームによるトーナメントだった。男子93回、女子84回となる次回大会は、今年8月末までに都道府県代表を決める1次ラウンド(R)を終え、9月に2次R、11月に3次Rを各地で実施。準々決勝以降の4次Rを来年1月、さいたまスーパーアリーナで行う。

朝日新聞社

最終更新:4/18(火) 16:05

朝日新聞デジタル