ここから本文です

NXP、音声認識技術でAmazonと協業

4/18(火) 16:13配信

EE Times Japan

■クラウドベースの音声認識サービスに対応

 NXP Semiconductorsは2017年4月、Amazonが提供するクラウドベースの音声認識サービス「Amazon Alexa」対応の機器開発に向けた「NXPリファレンスプラットフォーム」を発表した。Alexaに対応する音声制御機器の開発を簡素化することができる。

 NXPリファレンスプラットフォームは、Amazonがアシスタント端末「Amazon Echo」向けに開発したファーフィールド音声認識技術や、デバイス側の制御プログラムを作成するための開発ツール「Alexa Voice Service(AVS)」などを統合した製品。

 その基本となるのは、ARMコアをベースとしたNXP製の「i.MXアプリケーションプロセッサ」である。しかも、汎用アプリケーション向けには「i.MX 6シリーズ」を、ローパワーを要求するアプリケーションには「i.MX 7シリーズ」を、高性能なメディアとオーディオシステム向けには「i.MX 8シリーズ」を、それぞれ用意している。これにより、システム設計者が製品の機能や性能を拡張する場合にも、柔軟に対応できるとしている。

最終更新:4/18(火) 16:13
EE Times Japan

Yahoo!ニュースからのお知らせ