ここから本文です

「一帯一路」サミットに28首脳参加=5月中旬に開催―中国

時事通信 4/18(火) 16:32配信

 【北京時事】中国の王毅外相は18日の記者会見で、中国が5月14、15日に北京で開催するシルクロード経済圏構想「一帯一路」に関する国際協力サミットフォーラムに、28カ国の首脳級が出席すると明らかにした。

 中国はサミットを今年の重要国際会議と位置付け、提唱する同構想を内外にアピールする機会にしたい考えだ。

 王外相によると、首脳級で出席するのはロシアのプーチン大統領やフィリピンのドゥテルテ大統領、ミャンマーのアウン・サン・スー・チー国家顧問ら。このほか110カ国が閣僚級や政府当局者、専門家らの代表団を派遣する。グテレス国連事務総長のほか、世界銀行や国際通貨基金のトップら61の国際機関からも代表団が参加する。

 西側の主要国から出席する首脳はイタリアのジェンティローニ首相だけ。王外相は「ドイツやフランスの首脳も出席の意向を示していたが、国内政治のため参加できない」と主張し、英独仏が閣僚級などの代表団を派遣すると述べた。 

最終更新:4/18(火) 16:35

時事通信