ここから本文です

モウリーニョ監督がチェルシー丸裸に マンU4年半ぶり歓喜

スポニチアネックス 4/18(火) 7:00配信

 ◇プレミアリーグ マンチェスターU2―0チェルシー(2017年4月16日)

 名将の秘策がズバリ的中した。5位マンチェスター・ユナイテッドは16日、ホームで首位チェルシーに2―0で快勝。リーグ戦不敗を22試合に伸ばし、欧州チャンピオンズリーグ出場権(4位以上)獲得に望みをつないだ。ジョゼ・モウリーニョ監督(54)は思い切った選手起用と采配で、昨季途中まで指揮した古巣を下した。一方、チェルシーは2位トットナムとの勝ち点差が4に縮まった。

 ホームのサポーターから喝采を受けながらの花道。モウリーニョ監督は左胸のエンブレムを指さし首位撃破を誇った。昨年10月に0―4と屈辱的な大敗を喫したチェルシーを枠内シュート0本に封じて完勝。雨中の大一番で何度も水を飲みながら、最後まで大声で指示を飛ばし「本当にハッピー。チェルシーに勝ったからじゃない。首位に圧勝したからだ」。古巣との因縁には言及を避けつつ、喜びを表現した。

 古巣を研究し尽くした作戦が見事にはまった。「チェルシーはこの国で最高の速攻チームだが、よく抑えてくれた」という守備の采配は、キーマンへの徹底的なマンマーク。相手3トップ左のアザールにはエレーラを、同右のペドロにはダルミアンを1対1でベタ付きさせて起点を封じた。特にエレーラは攻守に躍動。今季14得点と完全復活した相手エースのアザールに対し、逆サイドまで追いかける“スッポンマーク”でシュートを一本も打たせなかった。攻撃でも1得点1アシストをマークしたスペイン人MFは「ほぼ完璧な試合だった」と胸を張った。

 攻撃での采配はエース外しだった。「ベストと考える布陣を組んだ」と加入1季目でチームトップの17得点を挙げているFWイブラヒモビッチをリーグ戦で初めてベンチに座らせ、2トップに19歳ラシュフォードと24歳リンガードを起用した。若きイングランド代表コンビが運動量とスピードで前線をかき回し、前半7分にラシュフォードが先制ゴール。中盤で相手ボールを奪ったエレーラからのスルーパスを受け、冷静にゴールネットを揺らした。

 マンチェスターUは、モウリーニョ監督が敵将だった時代からチェルシーを苦手にしていた。このカードの勝利は日本代表MF香川が在籍し、ファーガソン監督の最終年だった12年10月28日以来、リーグ戦9試合(公式戦13試合)ぶり。昨年10月にチェルシーに敗れて以来続くリーグ戦不敗を22試合に伸ばし、4位マンチェスターCとの勝ち点4差をキープした。「必要な勝ち点3を獲得できた。来季の欧州CL出場権を獲得する可能性は残っている」とモウリーニョ監督。未消化の2試合を含め残り7試合。不調のFWルーニー、ケガのMFマタ、DFスモーリングら主力が離脱する中で、2季ぶりの4位以上を見据えた。

最終更新:4/18(火) 7:00

スポニチアネックス

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合